rojinnn2

老人ホームに一番安く入居するにはどうすればいいの?

ctr033a-s老人ホームにはさまざまな形態があり、老人ホームの形によって費用が違います。

高いところでは入居費だけで30万円以上と高額です。

それに月々の食費や介護費などがかかります。

 

できることなら、なるべく安く入居させたいですよね。

※( 現在の一番安い老人ホーム 【 空室情報 】 )

 

では、老人ホームに一番安く入居するには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは、老人ホームの形態を知っておきましょう。

軽費老人ホーム

軽費老人ホームは安い費用で入居できる老人ホームです。

ここは、60歳以上の方なら入居できます。

家庭の問題などで自宅にいることができない高齢者に住居を提供します。

ただし、手厚い介護は期待できません。

尚、軽費老人ホームにはA型とB型があります。

 

A型は食事の準備、掃除、洗濯など身の回りのことを行ってもらえます。

1か月の費用は6万円~17万円程度です。

 

B型は食事の準備や身の回りのことは自分で行います。

費用は4万円程度です。

身の回りのことは自分で行わないといけないので、健康な方でないと入居できません。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは社会福祉法人として運営していて利益を目的としていないので安く入居できます。

 

こちらは、「要介護認定を受けた方」が入居できます。

誰でも入れるわけではありません。

 

また、要介護度や世帯に収入によっても費用が変わります。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護が必要になったとき私設の介護を受けることができる老人ホームです。

食事、洗濯、掃除など身の回りのことを行ってもらえます。レクリエーションやリハビリなども行っています。

介護スタッフや看護スタッフは24時間勤務。何かあったときでもすぐに対応できます。

 

サービスが充実していますが費用が高いです。

施設によって幅があり、入居一時金は数十万円~百数十万円です。

 

以上、3形態の老人ホームの費用を比較しました。

身の回りのことが自分でできるのなら、軽費老人ホームが安く確実に入居できることが分かります。

続いて、老人ホームの種類について知っておきましょう。

有料老人ホームはどのタイプが良いの?

老人ホームを利用する際には、月額費用だけでなく入居費用もかかります。

場所によっては入居一時金だけで数十万円以上ものコストがかかってしまうこともあるため、老人ホーム選びは慎重に行いたいものです。

 

民間の老人ホームへの入居費を少しでも安く抑えたいなら、まずは老人ホームの種類に着目しましょう。

一口に有料老人ホームと言っても様々な種類があり、それぞれ提供しているサービスや料金体系がまるで異なります。

介護付き老人ホーム

もっとも一般的な介護付き老人ホームは、文字通り施設内のスタッフが入居者の介護を一手に請け負ってくれるため、非常に重宝します。

しかし、費用が高いのが難点です。

健康型老人ホーム

健康型老人ホームでは介護サービスが付いていない分料金が安く設定されています。

しかし、体調を崩して要介護認定を受けてしまうと退去させられる場合があるのが難点です。

住宅型老人ホーム

そこでお勧めなのは、住宅型老人ホームです。

住宅型老人ホームは比較的料金も安く、訪問介護などのサービスを利用することもできるので非常に便利です。

ホームズ介護というデータベースサイトを活用して、お近くの住宅型老人ホームを検索してみてください。

 

また、入居に際してはキャンペーンを活用するのも効果的です。

一般的な店舗と同様、老人ホームでも不定期にキャンペーンサービスを実施していて、入居費割引特典を受けることができます。

場所によっては入居費が0円になることもあるため見逃せません。

普段から老人ホームの情報を細かくチェックしておくと良いでしょう。

安くてサービスが良い老人ホームはどうやって探すの?

当時、私が安くてサービスの良い老人ホームを見つけた方法をご紹介します。

私は、「 HOME’S介護(ホームズ介護) 」の介護サービス検索で現在の空き状況を確認しました。

 

このサイトは地域などから絞り込んで検索する事ができる為、わざわざ現地に行くことなく老人ホームを探す事が可能になっています。

 

その中で、2~3施設に絞ってから資料を取り寄せましょう。

 

その後、しっかりとご自身の目で確かめて下さい。

資料請求後に、実際に現場を見学することで、失敗がなくなります。

 

慌てずに落ち着いて、ご家族の意向にあった、安くて優良な老人ホームを見つけてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました。