選ぶ前に見ておきたい老人ホームのチェックポイント

今後の老後に備えて介護してあげたい!…が時間がない…蓄えはちゃんと用意してあるのに

そういう時の選択肢としてこちら「老人ホーム

 

簡単に説明すると老人ホームは「介護の必要があるけど自宅介護では難しい時に入居させ代わりに介護をする施設

 

老人ホームに入れると言う事は老後の人生を送る人の今後を決める様な物、事は重大です。

そこで今回は初めて老人ホームを選ぶ時のポイントを見て行きましょう。

・交通網

老人ホームと言うのは都心部から地方までいろんな土地に作られていますが、実際に行ってみて不便…と感じた事も珍しくありません。

老人ホーム側からは送迎バスが出ていますが、車持ちの人ならまだしもバスや電車通いだと近場へ行くための本数が少なくて時間的に不便と気軽にお見舞いにも行けない…なんて事も珍しくありません。

施設はいいけどアクセスするのにも不便で無いかも頭に入れて探してみましょう

・本当に信用して大丈夫?

近所の評判は良さそうでも実際入居すると評判は最悪」…なんて事が今日の老人ホームでは珍しくありません。

 

安直に入居させたばかりに虐待で取り返しの付かない事になんてオーバー過ぎる表現のこれもあっても不思議じゃないのが現実です。

 

勿論全部の老人ホームがそうでないのは知っています。ですが大事な家族の一員を預ける訳です、ちゃんとネットの口コミ等使える物は何でも使った上で下調べし実際に見学する際にHPと書いてる事が合ってるかも念入りに確認してみると良いでしょう。

 

見ると聞くでは印象が全く別物ですから…

・どんな環境がお好き?

上記二つとやや被る所もありますが敢えてこの項目でもう一度言いましょう。

老人ホームと言っても都心部から地方までいろんな土地に建てられています、という事は周りは店や街に囲まれて賑やかな所や周りは店も家も少ないが自然が豊かで静かな所もあると言うわけです。

 

人間、人が多い所が好きな人もいれば静かな所が好きな人もいます。ならば入居する人の性格に合っている老人ホームを選べば少しはストレス軽減に繋がります。

その為には入居後のトラブル回避も兼ねてまずは資料を集めて実際に出向いて見学してみるのが一番ですね。

以上3つ程ですが老人ホームを選ぶ時にチェックしておきたいポイントでした。

老人ホームを選ぶと言うのは私達が思っている以上に大変です、しかし大事な家族の一員を預ける訳ですから妥協する訳にはいきません。

ここは根気よく探していきましょう。

 

私の祖母の老人ホーム実体験

私は主婦ですので、老人ホームの細かい仕組みなどはわかりませんが、先日私の祖母が老人ホームに入所しましたので実際に見て、私が感じたことをお伝えしたいと思います。

 

私の祖母は、超高齢ですがずっと一人暮らし(私の家から車で片道1時間30分ほどの距離)をしていました。

 

祖母は「まだ大丈夫だから施設に入りたくない」と初めは言っていましたが、母や私たち兄弟からの説得で、まずは見学に行きました。

見学に行った施設は、職員さんもみなさん温かく、病院ともきちんと連携していて、セキュリティーもしっかりしていました。

 

私が驚いたのは、お部屋でした。

通常のワンルームマンションと代わりありませんでした。

 

むしろ、祖母は一人で広いお家に住んでいたので使っていない部屋が多く、施設の方が便利だと感じました。

そして何より心配が安心に変わったことは、一人暮らしだと何かあっても誰も気づきませんが施設は必ず職員さんが様子を見にきてくれます。

 

枕元にもナースコールのようなものがあり、気分が悪いとき等はすぐに職員さんがきてくださるそうです。

食堂もあり、決まった食事の時間に食堂にいないときも、必ず部屋に確認にきてくださいます。

 

また、各部屋にIHクッキングヒーターが1つあるので、事前に申し出ておけば食堂で食事をとらずに自炊することもできます。

週に2度、買い物に連れて出てくださったり、毎月お誕生日会があったり、入所されている方もみなさん楽しそうでした。

 

カラオケルームや大浴場まで設備があり、本当に私も住みたくなるほど快適な施設でした。

元々反対していた祖母も「よくできてるね。快適だよ」と言っていました。

 

私はこの施設のことしかわかりませんが、祖母が入った施設は、自立している方なら普段の生活をするのと変わりない快適な生活ができると思います。

それでいて、何かあれば助けていただけるので、私は祖母が施設に入ったことで安心できました。

今までの生活スタイルからかけ離れない選択を!

人間が歳を重ねると、考える事の1つに老後の生活がありますね?

どんなに元気な人でも、病気になったり介護が必要になったりするかは分かりません…。

 

よくある話は「子供の手が離れて良い歳になったら有料老人ホームに入居する!

入居内容は利用料金が人それぞれですが、その中でも皆さんの同一の【キーワード】があります。

 

それは、【静かな場所で自然を満期したい】ではないでしょうか?

大自然を感じ、のどかな雰囲気で余生を暮らすのは気持が良いと思います。

しかし、大事な事を忘れている気がします。

 

それは、今までの生活スタイルと利便性です。

あまりにもかけ離れた生活をしている方(都会暮らし・潔癖症等)は、逆にストレスを感じるかも知れません…。

 

しかも、夫婦で入居する人や一人の方もいらっしゃいます。

コミュニケーションをとるのが苦手な方は、施設人数も気にした方が無難です。

レクリエーションを得意とする施設に、ゆっくり一人の時間を満喫したい方は不向きですよね?

 

後、大事な事は交通手段や医療関係のアクセス方法です。

とっさの対応や、少し遠出もしたい時に交通手段が車のみは避けた方が良いです。

 

バスや電車が、必ず使える場所も大事だと感じます。

少しの用事で、その都度タクシー手配するの金銭的に大きい負担になります。

 

やはり、今まで生きてきた生活スタイルを大きく変化させる地域や建物(マンション・一軒家)は避けた方が無難です。

 

それでも、余生はゆっくり田舎で満喫したい人は…。

 

時間のある時に、施設散策をして下さい。

そこで自分の目と気持が一致すれば、人生の第二ステージにふさわしいと思うはずです。