老人ホームには様々な形態がありますが、その中で比較的料金を抑えられる老人ホームと言えば特別養護老人ホームです。
特別養護老人ホームは高齢者の収入に応じた料金を支払うシステムになっています。

 

ただし条件があり要介護認定を受けている事と、ご本人の年齢が65歳以上である事が欠かせないのです。
要介護認定はお住まいの市役所で相談すると、要介護に値するかを本人を交えて判断されます。

 

その為、要介護認定の手続きには時間がかかりますから早めに相談しておく事がおすすめです。
更に介護保険負担限度額認定証も申請しておけば、より特別養護老人ホームでの費用を抑える事ができるのです。

 

高齢者の増加に伴って老人ホームは増えていますが、やはり料金を抑えたいと考える方が多い為に特別養護老人ホームは希望者が多くすぐには受け入れてもらえない事も多いのです。

 

その為、特別養護老人ホームに空きがあるかという確認をしておく必要があります。

空きがない場合には順番待ちになりますので、急いで探しているのなら他の有料老人ホームの中で料金を比較する事になります。

 

そうでない場合には介護サービスを利用しながら、ご本人やご家族の負担を減らす事はできるのです。
この介護サービスを利用する際にも要介護認定を受けていれば、費用を抑えられるますのでサービス自体も利用しやすくなります。

 

ご本人とご家族の方でよく話し合って決めていく事が大切です。