高齢化社会を迎えていることもあり、老人ホームはそのチョイスの幅が広がっています。

特に、「自分の思い描いたとおりの老人ホームに住みたい」と考えているご家族は多いでしょう。

 

コストパフォーマンスに優れた老人ホームを選ぶコツは、ずばり共有部屋や個人部屋かの違いを知ることです。

個室の場合はそれだけ割り増しになることがあり、プライバシーを維持するという目的の他にも、清掃やその他庶務の手間が掛かるという理由でお金が掛かりがちです。

 

共有部屋は安い料金で住みやすいために、特に料金を負担するご家族にも喜ばれます。

老人ホームはアットホームな雰囲気の所も多く、意外と距離感が近い住みやすい空間の施設も増えています。

共有部屋でも問題なく、コストの面でも共有部屋は非常にお得です。

施設の建設年数も意外と重要で、新しめの施設はそれだけ割増料金になる場合があります。

 

老人ホームなどの施設は耐用年数を長めに設定しているところも多く、築数十年の所もあります。

雰囲気を重視するほかにも、そういった築年数の条件も気にしてみると良いでしょう。

 

レクリエーションやイベントの実施件数、そして料理のクオリティなど、有料老人ホームのレベルも条件の見比べに非常に大事です。

コストパフォーマンス面から考えると、中の下から中の上程度の施設を選んだ方が得でしょう。

あえて都内を避けるのも有効で、立地や駅からの距離などで土地によっては3割ほど安い場合もあります。